推薦の声

RECOMMENDATION

医学部英語専門塾ブレイブ有識者からの推薦の声
RECOMMENDATION

医学部英語専門塾ブレイブは、通訳者や翻訳家、医師などの各界の有識者の方々から多くの推薦の声を頂いております。
その中から一部をご紹介します。

RECOMMENDATION # 1

上田先生の圧倒的に流暢な英語力とカリスマ的なリーダーシップと
英語習得の技術に感銘を受けた

川下 雄丈 氏
福岡青洲会病院 外科部長・内視鏡外科センター長

川下 雄丈 氏
川下 雄丈 氏

医学部受験を本気で考えている受験生の方に朗報です。

上田先生は英語通訳技術の中でも最高難度と言われる同時通訳者です。しかも海外に一步も出ずに国内独学でこれを達成しておられます。

さらに凄いことは一念発起して医学部を再受験し英語はいわずもがな世界史でも満点を取得するなど圧倒的な受験技術で突破し現在は医者と同時通訳の二刀流で活躍されておられます。

私は10年ほど前、英語の再学習を決意し種々の資格試験、例えばTOEIC990点満点や英検1級、国連英検特A級、医学英検エキスパート級(1級)等を取得してきました。

しかし勉強すればするほど自分に足りないものが見えてくるのが世の常です。

そのような折、SNS上で知り合った上田先生に声をかけて頂き上京致しました。

紘道館という松本道弘先生主催の英語塾でお会いしたのですが、上田先生の圧倒的に流暢な英語力とカリスマ的なリーダーシップと英語習得の技術に感銘を受け以降はメンターとして深く尊敬している次第です。

上田式シャドーイングやDAC音読など独自に開発した英語習得プログラムを持ち非常にアイディアにあふれておられ、また受験に際してのマインドや理論的に確立された方法論はきっと多くの受験生を合格に導いてくれるものと確信しております。

川下 雄丈 氏のプロフィール

福岡青洲会病院 外科部長・内視鏡外科センター長。英語・TOEICの世界でも有名。
TOEIC990、英検1級、国連英検特A級、医学英検1級
2017年Toastmastersスピーチ全国大会ファイナリスト

RECOMMENDATION # 2

医療現場から発信される英語のレッスンは、
一見の価値があること請け合いです

川島 実 氏
2000年度JBC西日本新人王・宮城県気仙沼市本吉病院院長

川島 実 氏
川島 実 氏

上田先生とは、東日本大震災のあと、被災地で出会いました。寒い東北地方で懐かしい関西弁を話し、ボクシング経験者でもあり、時期は違うが同じ京都のジムに出入りしていたというので、初対面で意気投合したものです。その後、気仙沼でしばらく一緒に働きましたが、津波の被災地でもあり、つい暗くなりがちな医療の現場でユーモアを忘れないキャラクターに、いつも救われていました。退職後も東北地方に留まり、地域医療に尽力される姿に、勇気をもらっています。私も上田先生の英語力や臨床能力を始め、その生きざまに常に刺激を受けている、ファンのひとりです。医療現場から発信される英語のレッスンは、一見の価値があること請け合いです。

川島 実 氏のプロフィール

奈良県出身。京都大学医学部卒業。2000年度JBC西日本新人王。引退後、農業、漢方を経て31歳で徳洲会グループに入職。足掛け6年、救急を中心に地域医療を学ぶ。2011年、東日本大震災をきっかけに宮城県気仙沼市本吉病院院長。在宅医療を立ち上げ、被災地の復興に尽力した。引退後、フリーランス。2019年統一地方選で奈良県知事に出馬、落選。2020年5月現在、コロナ対策で宮城県北に引きこもっている。趣味は修行。修行の目的は国家安泰。奈良に妻と一男三女。

RECOMMENDATION # 3

「英語」だけではなく「新しい物事の学習法」を学んでほしい

萩野 昇 氏
帝京大学ちば総合医療センター・第三内科学講座(血液・リウマチ)

萩野 昇 氏
萩野 昇 氏

上田先生とは全くの偶然で知遇を得た。以来、自身の医局にお招きし、米国内科学会日本支部集会にお招きし、一介の「上田式シャドーイング」「DAC音読」の布教者として、多忙な先生を更に多忙にしている次第だ。

英語学習のメソッド、というだけであれば、書店の大きな本棚を埋め尽くす、文字通り汗牛充棟の書物が書かれている。

また、今日的にはYouTubeその他の動画配信サイトでも、無数の「英語上達のメソッド」が説かれている。上田先生の「学習法」がそれらと一線を画するのは、新しい物事をどのように習得するか、その基本的な立ち姿が明確であるという点である。

上田先生はプロボクサーを目指しての修練の途中、怪我を契機として医学の道を志し、さらに日本から一歩も出ずに現在の語学力(本塾では英語を講じられるとのことだが、英語に留まらない)を獲得された、異能の人である。無論のこと、刻苦勉励あっての事であるが、「どのように刻苦勉励するか」を手ほどきしてくれる指導者は意外なほど見つからない。

その点が「ただの異能(?)」とは異なる所以である。上田先生の英語の授業で「数学の点数が上がった」としても、私は全く驚かない。

若い人たちには、ぜひ「新しい物事を学習する、その共通基盤」を、上田先生から学んでほしい。

萩野 昇 氏のプロフィール

医学博士、灘中・高、東大医学部卒
横須賀海軍病院、東大病院、国立国際医療研究センター、都立駒込病院を経て東大病院アレルギー・リウマチ内科、2011年より現職。
日本リウマチ学会専門医・指導医
前・米国内科学会日本支部ECPC(early carrier physician committee)委員長
米国リウマチ学会上級会員(FACR)

RECOMMENDATION # 4

英語力を爆発的かつ効率的に伸ばす方法はここにある

中村 光秀 氏
同時通訳者

過去の自分に伝えたい。「時間を無駄にするな。情報過多の時代だが、英語力を爆発的かつ効率的に伸ばす方法はここにある」と。上田先生が医学部に特化した英語専門塾を開くという事で、私と同じ苦労は決して味わって欲しくないと思い、推薦文を書かせて頂いた。

私はこれまで同時通訳者として、大手企業の社内通訳者、G7国際会議(非公式)、オリンピックでの公式通訳などを経験してきた。確かに、夢を叶える過程は苦難の連続だったが、振り返れば、より効率的かつ最短で夢を現実のものに出来たと確信している。

それは、DAC音読含む上田式メソッドだ。その過程で得ることのできる英語脳。詳しい内容は上田先生の実際の授業に譲りたい。既にグローバルな時代は到来している。受験英語を単に受験英語で終わらせていいのか。

「医学部英語専門塾ブレイブ」という黒船に乗り、強い志しと効率を極めた上田式メソッドで、果てしない高みにいかないか。勉強するなら、投じた努力量以上の成果を出さないか。

正しいやり方で学び、言語の壁を突破し、一人一人が観たい世界を観よう。無駄を徹底的に省いた上田式メソッドで、一人でも多くの日本人が英語を習得され、グローバルで活躍されることを祈念し、推薦文としたい。

中村 光秀 氏のプロフィール

TOEIC300点台から独学により6年未満で同時通訳者としてデビュー。偏差値35の大学に落ちた後、進学した専門学校でTOEIC300点台を叩き出し下位クラスに割り振られる。勉強の末、獨協大学英語学科に編入。新卒で入社した企業では国内営業に従事し英語とは無縁の日々。通訳者になるという夢が諦められず27歳手前で退職。そこから一年半のフリーター生活を送り、多い時は18時間勉強し夢を叶える。その間に上田先生と出会い、上田式メソッドにどっぷり浸る。(通訳実績: 大手日系製造メーカーにて会議通訳、G7国際会議(非公式)でのウィスパリング通訳、オリンピックにて日本代表選手メディア対応通訳・オリンピック組織委員会事務方トップ通訳兼秘書、他実績多数)。夢は、尊敬してやまないElon Muskの通訳をすること。

RECOMMENDATION # 5

上田先生の指導では生きた使える英語が身についてくる。
結果自ずと受験英語は満点に近づくだろう。

徳永 健一郎 先生
熊本赤十字病院 リウマチ科 副部長

上田亮先生が医学部英語専門塾をなさるということを伺った。

医学部を目指す受験生のみならず、医学部生、研修医、指導医、すべての学びたい方、特に、一生懸命やってるけど何か身についていない感じがある、どうすれば成長を実感しながら学習できるかを求めている方に是非勧めたい。

以前上田先生の英会話セミナーを受講したことがある。努力が報われることをしっかり実感できた。何年もかけてやっている、できていないことが、ぐんぐん短時間で身につくのである。

英語は何をするにつけても必要となり、英語でコミュニケーションを取れることが、様々な場面において前提になってきている。英語に関しては、他の教科と異なり、受験で点が取れれば良しとするには勉強の時間がもったいない。

上田先生の指導では生きた使える英語が身についてくる。結果自ずと受験英語は満点に近づくだろう。英語に限らず学び方の基礎体力の付け方から指導してくださる上田先生、自信を持って受講を勧めます。というか、私が受講したいと思っている。

徳永 健一郎 先生のプロフィール

2008年に熊本大学を卒業、熊本赤十字病院で内科の後期研修を行った後に、亀田総合病院と帝京大学ちば総合医療センターでリウマチ・膠原病診療のトレーニングを受け、2016年より地元の熊本で膠原病診療・指導を行っている。
3男の父で、2年前に子どもたちと始めた空手を全力で楽しんでいる。
日本内科学会 総合内科専門医
日本リウマチ学会 専門医・指導医

RECOMMENDATION # 6

頭脳と知識と感覚と経験に基づいた方法論。
それが上田式学習方法です。

清水 亜紀 氏
同時通訳者・翻訳家

医学部進学を考えている皆さん!今まで一生懸命勉強してきたけれど、イマイチ英語が伸びない。今こそブレイクスルーしたい!しなければ!と考えているのであれば、医師で同時通訳者の上田亮さんの勉強法がおススメです。

上田亮さんは変人です。それも普通の変人ではありません。頭脳と知識と感覚と経験に裏打ちされた超変人です。だからこそ、本物なのです。

ご挨拶が遅れました、清水亜紀と申します。

私は現在、某大手企業で社内通翻訳者として勤務する傍ら、フリーランスとして各種イベント、国際会議などで通訳をしています。資格としては英検1級、TOEIC満点です。

でも数年前に上田さんと出会った時は、私はまだ英語の専門家というより英語学習者に近い状態。TOEICもまだ満点ではありませんでした。とは言え、曲がりなりにも通訳者として稼動していたので、それまであらゆる英語学習法にトライし、自分なりの英語学習理論というものを確立していました。

ところが!上田さんの英語学習方法は、それまで私が見たどの方法とも違っていました。

とあるカラオケBoxで開催された英語力Upワークショップ。扉を恐る恐る開けてみると、そこには一心不乱に英語を唱えている人々の姿が!おかしな宗教かと思って、そのまま黙って扉を閉めて帰ろうとした私に声をかけたのが、ランニングにショートパンツ、サンダルという、社会人としての身だしなみを完全に無視した上田さんでした。(この時に実施していたのはDAC音読というもので、上田式シャドーイングとも呼ばれ、YouTubeにいくつか動画が上がっています。短いものをここに貼っておきます。)

服装からも分かるように、上田さんはとにかく普通のものさしでは測れない人です。通訳者から医師になったという経歴も訳が分からないですが、実際に会って話してみるとさらに訳が分かりません。

とにかく、英語がめちゃくちゃ上手い!発音は完全にネイティブ。アメリカ人が聞いても、日系二世だと思います。また、その英語で話す会話の内容が凄い。濃い。世界史の、誰も知らないようなニッチな知識を深く深く掘り下げて話していることもあれば、また別の場面ではお医者さん同士で免疫の難しい話をしている。。。全く訳が分かりません。

私も最初DAC音読にトライしてみた時は半信半疑でした。でも「素直で愛嬌!」が取り柄の私は、とりあえず上田さんの指示のもと、延々と繰り返して声を出してみました。すると何ということでしょう!DAC音読のビフォーでは全く聞こえなかった英語が、アフターでは話している人の息遣いまで聞こえるようになっていました。まさしく感動した瞬間!です。

今、英語のエキスパートとして経験を積んできて分かるのですが、上田さんの勉強方法はめちゃくちゃ適当に見えて、実は論理的に説明できるものなのです。とは言え、上田さんが初めから論理的に勉強方法を組み立てているかというと甚だ疑問なのですが。。。おそらく膨大な知識と、ボクシングで研ぎ澄まされた野生動物的な勘によって得られた感覚を、無意識のうちに整理統合して成果が出るように改良していった結果が今の勉強方法だと思います。

でも、だからこそ本物なのです。机上の空論ではない、頭脳と知識と感覚と経験に基づいた方法論。それが上田式学習方法です。

これから医学部を受験される皆さんはラッキーだと思います。この超変人の勉強方法を若いうちに学んで身につけることが出来るのですから。上田式は、受験だけでなく一生ものです。私も若い頃に戻りたーい!

清水 亜紀 氏のプロフィール

同時通訳者。翻訳家。九州大学教育学部教育心理学系臨床心理学コース生涯教育学卒業。卒業論文は「DSRS-C バールソン児童用抑うつ性尺度」として現在も全国の小中学校や小児科で使用されている。高校時代は精神科医を目指し理系クラスに所属したが、センター試験の結果が悪く文転。入試の2週間前に初めて九大教育学部の赤本(過去問)を見るというバタバタ受験だったが現役合格。カウンセラーを夢見るも、在学中に夫と出会ってしまい、卒業後結婚。子育て中に「Harry Potter」の洋書を読み始め、英語に目覚める。現在、自動車関係会社に社内通翻訳者として勤務する傍ら、フリーランス通訳者として各種イベント、国際会議などで活躍。英検1級、TOEIC 990(満点)。

RECOMMENDATION # 7

医師になる前から英語を使いこなすプロかつ一流の医師である
上田先生の手ほどきを受けられるのは夢のような機会

宮里 悠佑 氏
内科医師

上田亮先生から英語のご指導を頂いています、医師8年目(内科)の宮里 悠佑と申します。

英語は医師になる前の受験勉強でももちろん重要ですが、医師になってからも必須のスキルです。英語論文が読める医師と読めない医師、英語しか話せない患者さんが来院した時に対応できる医師と対応できない医師…。

簡単な例を挙げてみるだけでも英語ができる医師とできない医師で大きな差がつくことははっきり分かると思います。(そして、数々の受験勉強をくぐり抜けてきたはずの医師の中でも英語を使いこなせる医師は実はそんなに多くありません)

かくいう私も英語が得意では決してありませんが、英語の重要性は日常診療や医学を学ぶ上で痛いほど実感しています。そんな時に私が出会ったのが上田先生です。

上田先生は独自の理論と凄まじい行動力、面倒見の良さでほぼ初対面の私に厳しく、かつ優しく、日常的にどのように英語と接し、学ぶことが効率的かご指導頂き、また実戦的に英語を鍛えるための機会をたくさん作って頂きました。

重要性を実感していても実際に学ぶことが難しいのが英語であり、特に医師になってからではゆっくり英語を学んでる暇など無く、医学の勉強をしながら効率よく英語を学習し、身につける(自分で使いこなす)必要があります。医師になる前から英語を使いこなすプロかつ一流の医師である上田先生の手ほどきを受けられるなんて夢のような機会だと思います。是非、医師を目指すたくさんの方々に上田先生の指導を受けて頂きたいと思います。

宮里 悠佑 氏のプロフィール

2012年大阪大学卒業。大阪(箕面市立病院、大阪急性期・総合医療センター)、長野(諏訪中央病院)で初期、後期研修を終えた後、国立国際医療研究センター病院にて感染症診療を中心に内科医師として勤務をしている。

RECOMMENDATION # 8

上田先生監修のカリキュラムなら、
忙しく時間がない人でも最短で医師への道が開ける

Jun氏 Salah氏

医師であり同時通訳者の上田亮先生が医学部専門塾を立ち上げられました。医学部受験を目指す方に自信を持っておすすめします。

上田先生を形容する言葉はたくさんあります。しかし、あえて一言で表すなら「無駄がない」と言えます。

目的を確実に達成するために効果的・効率的に準備を進める、そんな方です。そんな上田先生監修のカリキュラムなら、忙しく時間がない人でも最短で医師への道が開けると思います。

上田先生とは以前に医師向け英語セミナーを共同開催させていただき、一緒に医師の方に英語指導をさせていただいたことがあります。国際会議での研究発表やプレゼンテーションなど効果的なパブリックスピーキングを行うためのノウハウやマインドセットを伝えました。一緒に仕事をする中で、上田先生の効率にたいするこだわりや、英語指導に対する熱意を直に感じました。

普通の方より遅い時期に医学部受験を決断された上田先生ですが、短期集中で、効率的に医師免許を取得したり、忙しい中、英語を飛躍的に上達させることや、書籍も速読技術を駆使して短時間で多くの知識を得られている方です。

また、森田鉄矢先生監修の英語カリキュラムということで、受験英語の対策も抜かりないでしょう。ぜひ上田先生の医学部専門塾の門を叩いてみてください。医師への大きな一歩を踏み出すことになると覆います。

Jun氏のプロフィール

英語ジムらいおんとひよこ代表・Co-founder
英検1級合格17回, TOEIC990点18回, TOEFL iBT110(MyBest scores), 国際英語発音協会認定 英語発音指導士®︎, アルク「英検1級合格マップ」著, 高校でアルゼンチン1年留学

Salah氏のプロフィール

英語ジムらいおんとひよこ代表・Co-founder
コロンビア大学大学院 修士課程修了
英語教授法修士 Master of Arts in TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)

コロンビア大学卒業後、TOEIC/TOEFLなどを作成しているアメリカ最大のテスト作成機関ETS (Educational Testing Service) 本社で数少ないノンネイティブの問題作成者として勤務。フルタイムインターン。

大学院進学前はバックパッカーとして世界を周り、世界1周を達成。

IELTS Speaking 8.5
英検®1級
英語発音テストEPT®︎100点(満点)
国際英語発音協会認定 英語発音指導士®
中学校・高等学校教諭1種免許状:外国語(英語)

RECOMMENDATION # 9

超人のMethodを学び難関を突破、
貴方の目標を達成してください

Tsunehisa Nakajima 氏
Chief Operating Officer (COO) of Fujisoft America, Inc

上田さんが医学部英語専門塾を始めると聞き非常に驚きました。友人としてお付き合いをさせて頂いていますが、上田さんの事を知れば知るほど「この人は超人だ」という思いを強くしています。故にその超人の学習法やMethodを果たして塾で生徒に教える事など出来るのだろうか?と素朴に思ったのです。

私はこれまでの人生で上田さん以外にも超人と呼べるような、技能も実績も常人が想像出来ない世界にいるミュージシャンやビジネスマン達と接する機会が多くあり、彼らと付き合う中で二つの共通点を発見しました。

一つは「常に明確で具体的な目標設定をし、目標を必ず達成すべく既成概念に捉われずに戦略(学習法や練習法等)を立てている」という事。そして、二つ目は現時点の自分の能力と高く設定した目標とのギャップに落ち込む事無く、毎日一歩ずつ前に進む事が出来るという楽観的にも見える性格という事です。言葉にすると当たり前の事に聞こえるのですが、凡人が実践するのは実になかなか難しいものです。

さて、よくよく今回の塾の話を聞いてみると超人・上田さんのMethodを教育のプロである英語講師の森田鉄也氏がカリキュラムに落とし込むとのこと。同時通訳者でもある上田さんですが、例えるなら森田氏という教育においての最強の「通訳者」を手に入れたのだ、と思いました。

英語の猛者であり受験指導で百戦錬磨の森田氏ならば、上田さんにも受験生の双方へ共感する事が出来ますから、本質を理解した実践的な指導になる事は間違いありません。これは受験生にとっては素晴らしいBreakthroughの機会になるな、と思った次第です。

是非、超人のMethodを学び難関を突破、貴方の目標を達成してください!この塾から多くの才能が世の中に羽ばたき活躍される様になる事をお祈り申し上げます。

Tsuenhisa Nakajima 氏のプロフィール

1978年静岡市生まれ。グリーンカード (永住権) 抽選プログラムDV2003に当選し、2004年に渡米。「知り合いゼロ、仕事ゼロ、英語力ゼロ」の状態からアメリカ生活をスタート。寿司屋の下働き、起業、スタートアップ企業への参加、刃物の研ぎ師、旅行会社の営業職、食品卸会社のマネージャーなどを渡り歩きながらサバイバルする。2015年に富士ソフト株式会社の米国法人Fujisoft America, Incの立ち上げに参画。2017年11月よりCOOを務める。プロベーシストとしてサンフランシスコ、ベイエリアを中心に演奏活動も行っている。

無料体験・資料請求はこちら
CONTACT

ご質問等も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL : 075-366-3689